ジョジョの奇妙な英会話

このブログは『ジョジョの奇妙な冒険』から英語を学ぼう!という趣旨です。 ・キャラ、スタンド、技名の元ネタの曲を和訳 ・原作やアニメから日常使える英会話表現の抜粋 ・受験に使える英語をピックアップ ・アニメを見た海外の反応からネットスラングや会話表現を抜粋

どうしたら英語を楽しく学ぶことができるのかを考えてきました。
中学・高校の頃に洋楽が好きでよく聞くようになり、歌の意味を和訳ではなく、単語からちゃんと知りたいと思うようになり、音楽を通して英語を学びました。
高校の頃は歌詞和訳コンテストで賞をとったりしました。
好きなジョジョや音楽からたくさんの人が英語を楽しく学べるきっかけになれたらいいと思います。
意訳はご勘弁を。誤訳があればご指摘ください。

娘と2人で
ジョジョリンピック11
ジョジョの奇妙な大運動会
に参加してきました〜。

娘がいるので当然選手ではなく、観覧でしたが、十分楽しかったです(о´∀`о)


娘は二本松に漂流した幼児コスで参加。



乳児じゃなくて幼児だとか、
帽子と靴下が灰色とかまあ、うん、あれだ、完コスじゃないけど、見逃してくれ(^ω^)


北風はバイキングを作った走だったり


ジャンケン小僧やったり


テーブルのナプキン右から取るか、左から取るかだったり



そしてレイヤーの皆様がいつも趣向を凝らしてて、見てるだけでとっても楽しい!

娘が寝てる間は結構見てられました(о´∀`о)



クレイジー編集部によるジョジョリン紹介記事

クレイジー編集部がジョジョリンに行きました記事



来年も開催されるかわかりませんが、親子で参加できるイベントが少ないので、是非来年も開催をお願いしたいです!!


あ〜楽しかった!!

こんにちは(´・∀・`)
今回で基本中の基本のフォニックス、アルファベット編が終了となります。

今回はWからZまで。

W says, w, w, w, Will.


↑ここから発音が確認できます

日本語のウではないので注意。発音をよーく注意して聞いてくださいね。


X says, x, x, x, Aphex.


Xはkとsが連続して繋がった音ですね。
↑は元ネタのAphex Twinの表記にならって1単語としてます。


Y says, y, y, y, Yo-Yo.



Yも実は難しい。YとWは時々母音としてカウントされるのですが、イの音に近い。
ポイントはヤ行を超短く言う気持ちで発音。


Z says, z, z, z, Zombie.



Sが濁った音がZなので、S同様歯と歯の隙間から風を前に送って振動させます。蜂が飛んでる時の音を出す気持ちで。


↑私の手書きの発音記号です。(発音記号の書き方は複数あるのでこれ以外にも示し方はあります)


今回はここまで〜。

次回からもう少し発音のことを中心に書いていこうかなと思ってます(`・ω・´)ネタのストックがないので不定期に更新していこうと思います。

こんにちは(´・∀・`)
SからUまでと言いましたがすまん、ありゃウソだったw
切りが悪いので今回はSからVまで。

S says, s, s, s, Steven.


Sは歯と歯の隙間から風を前に送る感じです。


T says, t, t, t, Tusk.


Tが濁るとDになるので、発音する時はDの時と一緒で、前歯の裏と歯茎の境目ら辺に舌を当てます。


U says, u, u, u, Under.


英語のアと聞こえる音は4つあるのですが、その中の一つがこのUの音ですね。(1つはAngeloの時にやりましたね)

ポイントはあまり口を開けずに短く喉の奥の方で鳴らす感じです。


V says, v, v, v, Vitamin.


これも日本語にない音ですね。VはFが濁った音ですので、Fと同様、前歯を下唇に軽く乗せて息を吐いて唇を振動させます。

カタカナでビタミンと言いますが、英語では『ヴァイタミン』になるので注意。


↑私の手書きの発音記号です。(発音記号の書き方は複数あるのでこれ以外にも示し方はあります)


今回はここまで〜。
次回はWからZまで(*・ω・)ノ

↑このページのトップヘ