ジョジョの奇妙な英会話

このブログは『ジョジョの奇妙な冒険』から英語を学ぼう!という趣旨です。 ・キャラ、スタンド、技名の元ネタの曲を和訳 ・原作やアニメから日常使える英会話表現の抜粋 ・受験に使える英語をピックアップ ・アニメを見た海外の反応からネットスラングや会話表現を抜粋

どうしたら英語を楽しく学ぶことができるのかを考えてきました。
中学・高校の頃に洋楽が好きでよく聞くようになり、歌の意味を和訳ではなく、単語からちゃんと知りたいと思うようになり、音楽を通して英語を学びました。
高校の頃は歌詞和訳コンテストで賞をとったりしました。
好きなジョジョや音楽からたくさんの人が英語を楽しく学べるきっかけになれたらいいと思います。
意訳はご勘弁を。誤訳があればご指摘ください。

こんにちは(´・∀・`)
1週間があっという間に過ぎて、毎日更新するつもりができずにいます。


さて、今回はPからR。

P says, p, p, p, Poco.


↑ここから発音を確認できます

PはBの仲間です。Pの音が濁るとBになります。Pのポイントはティッシュを一枚用意して顔の前に置いて、p,p,p,と発音した時ティッシュが揺れれば成功ですよ( ^ω^ )



Q says, q, q, q, Queen.



q,の部分はアルファベットで書くと『kwu』という感じの音です。
QはQueenのように大抵の単語が次にuを伴うのでkとwの音がくっつきますよ



R says, r, r, r, Rock.



はい出ました〜日本人が1番苦手としているR。そんなに難しくないですよ!

Rは舌を巻くと習いましたよね?
うまくできない方は最初に、犬が唸るみたいに『ウー』を入れてからRを発音してみてください。とっても音が近くなりますよ!


↑私の手書きの発音記号です。(発音記号の書き方は複数あるのでこれ以外にも示し方はあります)


今回はここまで〜。
次回はSからUまで(*・ω・)ノ

こんにちは(´・∀・`)
発音練習できていますか?気が向いた時に読んでみてください。


個人的な見解ですが、日本人は発音にコンプレックスを持っている人が多くてそのせいで英語を話すのが恥ずかしい!という人が多く見受けられるような気がします。

英語を話す初期の段階ではそんなこと別に気にしなくていいのです!どの国の人だってそこの訛りがあります。私もネイティヴと話すと日本語の訛りが少しあるねと言われます。

訛りは別にあってもいいので、まずは基本的な音を確認して発音してみてくださいね★


さて、今回はMからO。

M says, m, m, m, Mark.


↑ここから発音が確認できます

Mは口を閉じて真一文字で発音。カタカナだとm,のところは『ンー』になりますが、Nと全然違うので注意。m,を発音中は口を開けない。


N says, n, n, n, Notorious.



上の歯の裏に舌を当てて、n,はカタカナだと、『ンーナッ』と音が鼻から上に抜けるように発音。

スタンド名は『ノトーリアス』ですが、カタカナで書くと『ノゥトーリアス』という発音で微妙に違うので注意。


O says, o, o, o, Oingo.



日本語のオよりも口をすぼめず縦にあけて発音。日本語のオの口の形が小さい丸oなら、英語のオは楕円形の丸Oのイメージです。


↑私の手書きの発音記号です。(発音記号の書き方は複数あるのでこれ以外にも示し方はあります)


今回はここまで〜。
次回はPからRまで(*・ω・)ノ

こんにちは(´・∀・`)前回のIまででアルファベットの1/3まで行きましたが、うまく発音できましたか?

うまくいかなくても何回も聞いて何回も発音するといいですよ。あととにかく口はいっこく堂かっ!という位横に開くのを意識しましょう(アメリカ英語の場合です)


さて、今回はJからL。

J says, j, j, j, Joseph.


↑こちらから発音を確認できます

特にコツなしですw
焼肉がジュッと焼けるみたいなイメージです。


K says, k, k, k, Kars.



Cの発音と同じです。


L says, l, l, l, Lucy.



日本人が不得意な発音の代表格Lですが、比較的簡単!( ^ω^ )

前歯の裏と歯茎の境目ら辺に舌を当てて発音。当てる場所はDの時とほぼ同じですね。

↑私の手書きの発音記号です。(発音記号の書き方は複数あるのでこれ以外にも示し方はあります)


今回はここまで〜。
次回はMからOまで(*・ω・)ノ

↑このページのトップヘ