ジョジョの奇妙な英会話

このブログは『ジョジョの奇妙な冒険』から英語を学ぼう!という趣旨です。 ・キャラ、スタンド、技名の元ネタの曲を和訳 ・原作やアニメから日常使える英会話表現の抜粋 ・受験に使える英語をピックアップ ・アニメを見た海外の反応からネットスラングや会話表現を抜粋

どうしたら英語を楽しく学ぶことができるのかを考えてきました。
中学・高校の頃に洋楽が好きでよく聞くようになり、歌の意味を和訳ではなく、単語からちゃんと知りたいと思うようになり、音楽を通して英語を学びました。
高校の頃は歌詞和訳コンテストで賞をとったりしました。
好きなジョジョや音楽からたくさんの人が英語を楽しく学べるきっかけになれたらいいと思います。
意訳はご勘弁を。誤訳があればご指摘ください。

皆さんお久しぶりです!(*・ω・)ノ随分とブログを書いてませんでした。無事出産して娘が7ヶ月になり時間ができるようになったので、ネタを見つけたらアップしようと思います。


さて、今回はフォニックス。フォニックスってご存知でしょうか?
日本の英語教育ではなぜか発音は重視されてないので、知らないという方も少なくないかもしれません。しかし、世界的には英語を学ぶ最初はフォニックスなのです。英語圏の子供達もそうですよ。


アルファベットと音のくっつきを学ぶ方法のことですね。


英会話の上で、初めは別に発音気にせずとにかく話すことが大事ですが、その次の段階としては、個人的には発音を気にしてほしいなって思います。

なぜかと言うと、話し相手のためなのです。聞き取りづらい強い訛りがあると会話が成立しにくいんですね。(例えば津軽弁みたいな強い訛りを聞くと何を言ってるのかわからなかったりしますよね…私は南部弁を話しますが津軽弁はわかりません\( 'ω')/)

相手のためにネイティヴはどんな風に発音しているのか、注意して聞いてみるといいですね★


YouTubeでPhonicsで検索してみると、色んなベーシックな曲とか出てくると思います。


大体最初は

A says, a, a, a, apple.
B says, b, b, b, bear.
C says …

のように、AからZまでの音を学び、どんな単語の中にその音が出てくるか、というのを知ります。


が!ここはジョジョの奇妙な英会話教室なので、ジョジョの奇妙な単語でフォニックスを楽しく学びましょう!


(ちなみに、アメリカ英語の発音のコツは、口を常に横に思い切りいーっと開いて下さい。割り箸を噛んで発音するのもいいと思います。)



A says, a, a, a, Angelo.


↑発音はここから確認できます

Aは日本語のアとエの中間の音。
エの口でアって言ってみて下さい!

B says, b, b, b, Blackmore.



Bは破裂音。ブではなくブとバの間。


C says, k, k, k, Cream.



Cも破裂音。ディオ様がクックックッと笑ったように、kuではなくkの子音のみ発音。


※↑の画像は私の手書きの発音記号です。(発音記号の書き方は複数あるのでこれ以外にも示し方はあります)


個人的にはカタカナで発音を書くのはやめた方がいいと思いますが、無いとわからない!という方はいいと思います。

カタカナに頼らず、ご自分の耳を頼りに音を記憶してその通り発音するのがベスト!


今回はここまで〜。
次回はDからFです( ✌︎'ω')✌︎

最近ジョジョ北米版を入手したので
読んでるんですが、
ちょうど今2部読んでて
ジョセフが「逃げるんだよォ!」


をやってたので
久しぶりに
歌詞和訳をやりたいな〜と思います!


以前Another One Bites The Dustでも紹介しましたが、
ジョセフと承太郎との会話で
出てきましたね。
  


"Beat It"
今夜はビート・イット


ジョジョ的に訳すなら、
「逃げるんだよォ!」


They told him, "Don't you ever come around here.
Don't wanna see your face. You better disappear."
The fire's in their eyes and their words are really clear
So beat it, just beat it

奴らは言った
「この辺りに二度と来るな。
お前の顔なんか見たくない。
消えろ。」

目の中の炎と言葉は本物だ
だから逃げろ、ただ逃げるんだよォ!


You better run, you better do what you can
Don't wanna see no blood, don't be a macho man
You wanna be tough, better do what you can
So beat it, but you wanna be bad

逃げてやれることをやるんだ
血は見たくないし、マッチョな奴にもなりたくないんだろ?
強くなりたいならやれることをやれ
だから逃げろ、でもワルになりたいんだろ?


Just beat it, beat it, beat it, beat it
No one wants to be defeated
Showin' how funky strong is your fight
It doesn't matter who's wrong or right

ただ逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げるんだよォ!
誰もやられたくはないだろ?
ワルで強いところを見せてやるんだ
誰が悪いとか正しいかは関係ない

Just beat it, beat it 

ただ逃げろ、逃げるんだよォ!

They're out to get you, better leave while you can
Don't wanna be a boy, you wanna be a man
You wanna stay alive, better do what you can
So beat it, just beat it

奴らお前をぶちのめそうと必死だ、もう行った方がいい
ガキにはなりたくないだろ?男らしくなりたいだろ?
生きていたいならやれることをやれ
だから逃げろ、ただ逃げるんだよォ!


You have to show them that you're really not scared
You're playin' with your life, this ain't no truth or dare
They'll kick you, then they beat you, then they'll tell you it's fair
So beat it, but you wanna be bad

全然ビビってないってところを奴らに見せつけないと
人生を楽しんでるようだが、これは度胸試しのゲームじゃない
奴らはお前を蹴り飛ばし殴りつけて、
当然だと言うだろう
だから逃げろ、でもワルになりたいんだろ?


〜解説〜
beat it
逃げろ、失せろ、どっかへ行けの意味。
Go awayを荒っぽくした表現。

better
〜した方がいい、望ましい

会話でよく出てくる表現なので
覚えておくといいですね!

funky
歌詞の中に funky と出てきますが、特に意味はないようです。
英語の歌詞では意味はないけど語呂合わせで出てくる単語というのがたくさんありますね。
ただ、ファンキーミュージックは骨の髄まで悪いという音色、特徴があるので、
ここではワルと訳しています。

it doesn't matter
matterは問題がある、関係がある、物事が重要だ、という意味ですが、
↑で問題ではない、関係ないという意味。

会話でよく出てくるので
覚えておくといいですね!

truth or dare
直訳すると『真実か挑戦か』ですが、
truth or dareと言われたら、
どちらかを選びます。
truthを選んだら、周りからの質問に正直に真実を答えなければいけないです。
dareを選んだら、だいたいエロいことや嫌なことが命令されるので、やれと言われたことに挑戦します。


---

逃げるんだよォ!と訳すと
なんだかおかしくて笑っちゃいますw
曲のイメージとちょっと違いますが
ジョセフが逃げてるようで
これはこれでいいかなと思ってます


ジョジョアニメ3部のEDになりました、Walk Like An Egyptian を今更ながら訳してみようと思います! 


"Walk Like An Egyptian"
「エジプシャン」

All the old paintings on the tombs 
They do the sand dance don't you know 
If they move too quick (oh whey oh) 
They're falling down like a domino 

墓に描かれた古絵画は全て
サンド・ダンスをするって、
知ってるでしょ?
描かれた人達が早く動きすぎると
ドミノ倒しみたいに転んでいく


All the bazaar men by the Nile 
They got the money on a bet 
Gold crocodiles (oh whey oh) 
They snap their teeth on your cigarette 

ナイル川そばのバザールにいる男性はみんな
賭け事に使う金を持ってる
金のクロコダイルが
君の煙草を歯で噛み鳴らす


Foreign types with the hookah pipes say 
Ay oh whey oh, ay oh whey oh 
Walk like an Egyptian 

水煙草に夢中になっているよそ者はこう言う
ウェイオー、ウェイオー
歩く様はエジプト人のよう


Blonde waitresses take their trays 
They spin around and they cross the floor 
They've got the moves (oh whey oh)
You drop your drink then they bring you more 

金髪のウェイトレス達はトレーを持って
くるりと回ってフロアを行き交う
動きはきれきれで
君が飲み物を落とすとまた持ってきてくれる


All the school kids so sick of books 
They like the punk and the metal band 
When the buzzer rings (oh whey oh) 
They're walking like an Egyptian 

子供達はみんな読書には飽き飽き
パンクやメタルバンドが好きで
チャイムが鳴ると
エジプト人のように歩いていく


All the kids in the marketplace say 
Ay oh whey oh, ay oh whey oh 
Walk like an Egyptian 

バザールの子供達はみんなこう言う
ウェイオー、ウェイオー
歩く様はエジプト人のよう


Slide your feet up the street bend your back 
Shift your arm then you pull it back 
Life is hard you know (oh whey oh) 
So strike a pose on a Cadillac 


足を地面になめらかに滑らせて腰を曲げて
腕を上げてそしたら戻して
人生って辛い、でしょ?
だからキャデラックでポーズを取って


If you want to find all the cops 
They're hanging out in the donut shop 
They sing and dance (oh whey oh) 
Spin the clubs cruise down the block 

お巡りをみんな見つけたいなら
ドーナツ屋でつるんでる
やつら歌って踊って
クラブで遊んではその辺を巡回する


All the Japanese with their yen 
The party boys call the Kremlin 
And the Chinese know (oh whey oh) 
They walk the line like Egyptian 

金を持ってる日本人
大麻をよく吸う奴らはクレムリンを呼ぶ
中国人は知ってる
エジプト人のようにバランスを取ることを


All the cops in the donut shop say 
Ay oh whey oh, ay oh whey oh 
Walk like an Egyptian 
Walk like an Egyptian

ドーナツ屋にいるお巡りはみんなこう言う
ウェイオー、ウェイオー
歩く様はエジプト人のよう
歩く様はエジプト人のようと


〜解説〜
ジョジョ3部はエジプトへ向かって承太郎達が旅する物語なので、エジプトにまつわるこの曲を荒木先生が選んだのは、なん 不思議もないですね。

さて、歌詞を見ていくとすごく不思議な曲だなあという印象です。
この曲は一体何を言いたいのだろう?w

この曲はリアム・スターンバーグによって作詞されています。
フェリーに乗っていた時に乗客がバランスを取ろうとしているのを見て、古代エジプトの絵にあるエジプト人のようだと着想を得たそうです。


一節目
面白い想像ですね〜動き出したらどうなる?って考えたことないです。

fall down
落ちる、転ぶ


二節目
ここは古代エジプト人のステレオタイプで、ナイル川のクロコダイルが餌を食べて顎をバキッと鳴らすように、男達が煙草を噛み鳴らしているという様子を表しているようですね。

snap teeth
歯を噛み鳴らす


三節目
水煙草のパイプ
シーシャとも言いますね。

1985年くらいのエジプト人や外国人にとって水煙草ってどんな存在なんでしょう?クロコダイルも金だったし、高価なものだったのかもしれません。


四節目
エジプト人女性のイメージってフィフィかヴェールを巻いててて黒髪というイメージなんですが、


金髪のウェイトレスもいるんでしょうかね。それとも外国人でしょうか。

spin around
くるくる回る


五節目
エジプトの子どもって貧しいところだと学校へ行かず労働しなければならないというイメージでしたが、教育が行き渡ってるんですかね。

sick of〜
〜にうんざりしている
ここではbooks=本=読書と訳しています。


六節目
バザールは市場のこと。

七節目
車は詳しくないのですが、高級車ですね。アメリカ人のステータスを表すシンボルです。アメリカ大統領専用車もキャデラックです。

ここでは人生が辛いなら踊ろう!という意味なのかなあと感じました。

エジプト人のダンスの動きを説明している節ですね。


八節目
警察はいつの時代も疎まれる存在なのでしょうか?

hang out
つるむ、たむろする、ブラブラする
会話でよく使うので覚えておくと便利です!

・spin the clubs cruise down the block
ここの歌詞未だによくわからないのですが、

spin the clubs→クラブで回す、遊ぶ
cruise→巡回する
down the block→1ブロック先まで

と解釈しました。
clubは警棒という意味もあるので、
警棒を回して巡回しているのかとも
思ったのですが… 


九節目
The party boys call the Kremlin 
ここが訳すのが一番難しかったのですが、解釈が人によって様々なので、これが正解というのがわかりません。

1つの解釈にあったのは、
このフレーズは言葉遊びだそうで、政党や社会主義や共産主義について言ってるわけではない、ということ。
(party→政党
 Kremlin→ロシア政府)

マリファナ用水キセルの上のマリファナたばこを吸って意識を失いかけるということを遊んでる大麻常習者が言葉遊びで使うだけ、だそう。

walk the line
バランスを取る


→最終的に、この歌詞に意味なんてないのかもしれませんが(この頃はサイケデリックがリバイバルしていて、そのような楽曲の歌詞に意味なんてなかった)、年齢や職業(学生、ウェイトレス、警察)、国や文化が違ったとしても、人生の同じリズムの中に生きているという点では共通している、という意味なのかもしれません。
 

↑このページのトップヘ