37話 Shining D (Diamond) is Unbreakable Part. 1 (クレイジー・D(ダイヤモンド)は砕けない その1) の海外の反応



今回も名シーンが目白押しでした!


・ついに仗助対吉良戦!
・早人がお前マジに小学生かよっていう根性を見せる!
・億泰死す⁈


…と色々あったのですが、
海外の反応ではまず、
承太郎さんのもうろく加減wと
吉良の能力について
議論が交わされておりましたよ。




「雨が仗助のように聞こえた」
承太郎、なぜ…

でも彼は8歳の時大人をやっつけてたから"多分"早く成熟してしまってすでにもうろくしてるんじゃないかな

5部の承太郎は今のジョセフみたいだ。

ジョセフは長生きするために承太郎の魂を奪ってる。



「雨が仗助の声のように聞こえた」この翻訳は間違いに違いない。「雨音の中に仗助の声が聞こえたように思う」というようなことを言ったと思うんだけど。


「仗助の声を聞いたような気がするが…確認しなくていいか」

くそったれ承太郎


変なことが起こると
「多分勘違いだろう」

普通のことが起こると
「敵『スタンド』の仕業に違いない!」


※解説1



そして、アニメではなくなくカットされたこのシーン↓



地元の普通の子供が信じられない程の連続殺人鬼と戦って、すごい奴、つまり杜王町の本当のヒーローになりました!

なぜなら早人は本当にカッコよくてほとんどの主人公比べ物にならないくらい大胆なやつだから。

アニメでゲームや漫画のように計算してるところやってくれたらよかったのに。


くそ遅い空気弾だった、でも浮遊してる間の吉良の台詞「ジョー・モンタナのタッチダウンパスのように正確に彼の鼻の下に爆弾を打ってやる」

ああ、これ大好き。緊張感はすごく良かったけど、バトルのテンポは遅かったかな。でもこれからまだあるしね!


※解説2


そして早人の勇気と早人のちん○について…w




34話の風呂場のシーン では早人の玉を実物通りに描いていない。

医者に診てもらった方がいい。睾丸のガンかもしれない。

彼の玉がスタンドだよ。僕たちはスタンド使いじゃないから見えないだけ。

スタンド使い 「川尻早人」
スタンド名     「鉄の玉」

スタンド        「大きい玉」
スタンド使い 「川尻早人」


※解説3


〜解説〜
※1
海外勢はCrunchyrollという動画サイトで大体がリアルタイムより少し遅いくらいにファンがつけた翻訳(fans ub)でアニメを観ることが多いようです。

そのため、翻訳が正確でないことが多々あるわけです。

今回の承太郎さんの台詞もそうですね。


ところでなぜ承太郎は聞こえなかったのか、という議論があります。

この日は雨が強く降っていて雷も鳴っているくらいなので嵐のような天気です。
そんな中、例えば道路の向こう側の人に何か話しかけてきちんと聞き取れるでしょうか?

まあ承太郎さんが聞こえなかったとしても不思議ではないという天気です。


4コマ漫画の翻訳↓

水出しっ放しに対する反応

ジョジョを読む/見る前

あれ?蛇口閉めたと思ったのに
忘れっぽいみたいだ

ジョジョを読んだ/見た後

あれ?蛇口閉めたと思ったのに
スタンド使いだ!!


※2
ジョジョには有名人が時々出てきますが、
ジョー・モンタナってご存知ですか?
私はすみません、知りませんでしたw
これを機にググりました。


伝説的なクォーターバックで、正確に味方にパスして、逆転勝ちしちゃうもんだから、モンタナ・マジックと呼ばれてたみたいです。


※3
ballはちん○の玉の意味もありますが、
勇気がある、根性がある
という意味もあります。
そしてbig ballsなので
「とても勇気がある」
というダブルミーニングです。

例) Hayato has got the balls to defeat Kira.
早人には吉良を倒す勇気がある。

また↑のスタンド名では、
7部のSteel Ball Runがあるので、
ネタとして言ってますね。



残りあと2話となりました!
楽しみすぎる!